相続の遺留分


遺言・相続ガイド

相続人のとってあまりに不利益な事態を防ぐ為に規定されたのが遺留分制度

 

遺留分とは被相続人(相続される人)の兄弟姉妹以外の相続人に対して遺産の一定割合の取得を保証する制度の事を言います。被相続人は遺言書を作成すれば自己の財産を自由に処分する事が認められています。ですので、遺言書によって法定相続人以外の人に財産を全て遺贈するということも可能となります。

しかしながら、遺族をかえりみないような行き過ぎた遺言は残された遺族にとっては経済的に大打撃を受けることになりかねませんので、相続人のとってあまりに不利益な事態を防ぐ為に規定されたのが遺留分制度となります。

 

遺留分減殺請求

前述のように被相続人は自己の財産を遺言によって自由に処分する事ができます。また、相続人の遺留分を侵害している内容の遺言も当然に無効となるわけではなく、相続人が自己の遺留分を主張(遺留分減殺請求)するかどうかは相続人の意思に任せられています。

 

遺留分の割合

◆?直系尊属のみ(父母、祖父母)が相続人の場合  ・・・相続財産の3分の1

◆?それ以外の場合(配偶者と子、配偶者と父母など)・・・相続財産の2分の1

◆?被相続人の兄弟姉妹には遺留分はありません。

※遺留分を有している相続人が複数いる場合は遺留分全体を法定相続分の割合に従って分配します。

 

遺留分減殺請求権の期間

遺留分減殺請求権は遺留分を有している相続人が相続の開始及び減殺すべき贈与または遺贈があったことを知った時から1年、たとえ知らなかったとしても相続開始から10年を経過すると時効によって遺留分減殺請求権は消滅します。

 

参考・関連・オススメWebサイト

相続手続 遺産相続のサムライ業ナビ

相続手続き・遺産相続などでお困りの皆様へ、全国から最寄の専門士業を探せる無料サービスサイト「相続手続 遺産相続のサムライ業ナビ」

全国対応の不動産サービス ホームパック

遺産相続に伴う不動産売却は私たちにお任せください。ホームパックグループが全国で対応します。

おひとりさまでもだいじょうぶノート。

キーパーズオリジナルのエンディングノート、「おひとりさまでもだいじょうぶノート」です。おひとりさまでもだいじょうぶノートのお申し込みはこちらからお願い致します。

参考・関連・オススメ書籍

吉田太一の現実ブログ

キーパーズ関連リンク

  • 事前整理サービスのご案内
  • 相続相手 遺産相続のサムライ業ナビ e-sp.info
  • 天国へのお引越しのお手伝い キーパーズ 総合メインサイト
  • 全国対応の不動産サービス 遺品相続不動産売却ネット

相互リンク

当サイトのご案内

現実にある出来事は、遺品整理専門のキーパーズが運営するサイトです。遺品整理や遺言、遺産相続、孤立死、独居老人等、実際に起こった出来事を紹介しております。

お問合せはこちら

キーパーズ有限会社
東京都大田区大森本町2-4-22
TEL:03-5767-5222
代表者:吉田 太一

▲ HOME▲ ページの先頭へ戻る

遺品整理,孤独死,少子化,親家片,相続税,遺産相続,高齢化,ゴミ屋敷,遺言,自殺,遺品供養,独居老人,遺品,遺品処理,
離婚,夜逃げ,葬儀,僧侶,葬式,ゴミマンション,不動産神話,親の家を片づけるといった現実にある出来事
平和島,大森の貸会議室ならホームパックのセミナールーム
Copyright © 現実にある出来事. All rights reserved.