ゴミ屋敷


大ピックアップ

頭の痛いゴミ屋敷問題、ハード面・ソフト面、両方の対策が必要

ゴミ屋敷

 

ごみやしき 【ゴミ屋敷】俗に,ごみが異常にあふれかえっている住宅。家主がごみを蓄積・収集することが原因。景観の破壊・放火の危険性・悪臭などにより近隣住民に迷惑をかけることも多く,社会問題になっている。

 

昨今、ニュースや新聞だけでなく、TVドラマやTVのバラエティ番組などで放送され、今、大きな話題を呼んでいるゴミ屋敷をテーマにご紹介いたします。
⇛参考サイト:クリーンエンジェル

 

なぜゴミ屋敷になるのか?

 

色々なメディアで取り上げられるゴミ屋敷やゴミ部屋を見るたびに、「よく、ここまでゴミをためたものだどうやって生活しているのだろう?どこで寝ているのかな?」と思ったり、「明らかにゴミであろうものを拾い集めるのか?」などなど、色々、不思議に思います。 なぜ、彼らは家をゴミ屋敷にしてしまうのでしょうか?ゴミ屋敷で色々調べていくうちに、わかったことなのですが、人それぞれゴミ屋敷を作る原因パターンがあるそうで、その原因パターンを下記で紹介します。

 

1.ゴミを拾い集めてくる。

 

ゴミを拾い集めるという原因行動を起こす人は、ゴミ(物)に対する執着心も多いようで、拾ってきては家に置く、捨てることができないのでどんどんゴミがたまる。というパターンで、家がゴミ屋敷化するそうです。TVでよく見るゴミ屋敷の例でもあります。

 

2.整理整頓・片付けることが出来ない。

 

整理整頓・片付けることができない人の場合、外からゴミを拾ってくることはないにしても、生活する上で出てくる生活ゴミや色々なものが散らかってたまっていき、そのままゴミの部屋、ゴミ屋敷となるそうです。またこのタイプに属する人も、3の物に執着心があり捨てることができない人が多いようです。 各メディアでは、ゴミ屋敷というよりもゴミ部屋と紹介されているほうが多いようです。

 

3.ゴミ(物)に執着心が強く捨てることができない。

 

このタイプに属する人は、とにかく物に執着心があり物を捨てることができなず、物がたまっていてそのうち、膨大な量となりゴミの部屋・ゴミ屋敷と化すパターンがあるそうです。

 

4.ゴミが溜まった不快な環境にあっても、それを不快だと思わない。

 

一般の人がゴミ屋敷・ゴミ部屋を見ると悪臭や害虫、衛生的にとても不快でとても住める環境ではない異常な環境と感じますが、このタイプの人は、このゴミ屋敷の異常な環境にたいして無頓着、平気な人なので、プラス1・2・3・5に該当する場合、すぐにゴミ屋敷と化す恐れがある。

 

5.ADHD(注意欠陥・多動症候群)のため片付けられない捨てられない。

 

「私、片付けられないからADHDかもしれない。」・「ADHDだから片づけが苦手」といったこと皆さんも耳に挟んだことありませんか?では、最近耳にするADHDとはいったいなんなのだろうか? ADHDを日本語に直すと注意欠陥・多動症候群というそうで、原因は脳の障害だそうです。症状としては、・衝動性・多動性・不注意などがあげられます。人口の3?5%の方がこのADHDにあたると言われております。また一般的にADHDの人が片づけが苦手といわれていますが、片づけが苦手という理由から必ずしもADHDとはかぎりません。

 

このようにゴミ屋敷を作る原因は様々あり、個人によってタイプがことなります。また以上5つの点以外にも、ゴミ屋敷を作る複雑な原因があります。  参考サイト:クリーンエンジェル

 

ゴミ屋敷を作らないために

 

上記項目で大まかではありますが、なぜゴミ屋敷が作られるのかという問いについて説明してまいりました。では次に、どうしたらゴミ屋敷を作らせない、また、せっかく綺麗になったゴミ屋敷をゴミ屋敷にさせないにはどうしたらいいのでしょうか?

 

根本的な解決 ハード(ゴミ屋敷)ではなくソフト(住人)である。

 

これには色々と難しい問題があります。TV番組のようにゴミ屋敷を片付けてそれでおしまいだからでないのです。ゴミ屋敷を作る原因は「家」そのものではなく、その家に住む「住人」に起因しているからです。たとえ、外部の力で家をキレイにしても、住んでいる人の中身がかわらなければ、結局は時間の経過とともに元のゴミ屋敷に戻ってしまいます。というわけで、ゴミ屋敷を根本的に解決するためには、ゴミ屋敷を片付けることではなく、そこに住む住人の中身を変える必要があると思います。 そうでなければ、何度片付けても元の繰り返しになってしまうからです。 そのため、ゴミ屋敷の処理でなく、住人の精神的な部分のケア、地道なカウンセリングであったり、その後のサポートなどが今、求められているのではないでしょうか?

 

ゴミ屋敷どうしたらいいの?

 

「自分で片付けたいけど自分ひとりの力だけじゃ片付けられない。」・「友人・知人のゴミの片づけを手伝ってやりたいが我々の力では到底無理」・「忙しくて片付けられない」など、ゴミ屋敷で困ったら、すぐに専門業者に頼むのが一番良い方法かと思います。

 

リサイクル・環境問題について

 

昨今では、環境問題・リサイクルの問題もあって簡単にゴミを捨てることのできない世の中になってきています。しかし、専門の業者なら、家電リサイクル法や、その他環境問題に関する条例・法律などにのっとってキチンとゴミをリサイクルおよび産業廃棄物として処理してくれます。

 

ゴミ処理に伴う身体的危険と衛生的な問題

 

通常のゴミ処理とは違って、ゴミ屋敷となると、ゴミの処理にも色々な危険が伴います。まず第1に身体的危険が伴います。例としては、ゴミの山が崩れてきたり、先が尖ったゴミなどで怪我したりと危険です。次に危険なのが衛生的な問題です。ゴミ屋敷は当然のことながら衛生的に非常に悪い環境であり、その中での作業になるのでとても危険となります。また、ゴミ屋敷では、ひどい悪臭や、蚊やハエ、ゴキブリなどの害虫の大量発生に悩まされたりと、非常につらい作業となります。

 

まずは専門業者あるいは役所などに相談を

 

こうゆう観点からも、ゴミ屋敷の処理は専門業者の方に任せたほうが無難だと思います。また、ゴミ屋敷になると、1人ではどうすること出来ないと思います。まずは、専門業者または市や役所に一度相談してみてはいかがでしょうか?

 

ゴミ屋敷についてまとめ

 

一時期、ゴミ屋敷がブームとなり色々なメディアで連日報道されていた。今はどうかというと一連のゴミ屋敷ブームは去り、今度はゴミ屋敷の住人の人権問題を焦点を当てた報道をよく見るようになった。ニュースなどにえらい学者さんや評論家の人が出てきて、あんなものは人権侵害だ差別だ。人の生き方を否定するなどおごった考え方だ等々、ゴミ屋敷を撤去しようとする動きに対して、人権侵害だという意見する人も多くいますが、この意見は間違っていると思います。知識人の言うように人間、自由であるべきですが、自由であるからといって何をしても良いとは限りません。自由を得るためには、その分、責任を追わなければならいないからです。

 

現実的に見て、ゴミ屋敷が存在することによって公の利益が損なわれているのは確かな事実なのです。景観の破壊・放火の危険性・自然発火の危険性・悪臭・蝿・蚊・ゴキブリなどの害虫の大量発生・衛生面における問題など、ゴミ屋敷によって様々な諸問題が起きています。ゴミ屋敷付近の地域住民にとって、ゴミ屋敷は本当に頭の痛い問題となっています。

 

この頭の痛いゴミ問題を解決するためにも、ハード面・ソフト面、両方組み合わさった対策が必要であると感じます。

 

参考・関連・オススメWebサイト

参考・関連・オススメ書籍

吉田太一の現実ブログ

キーパーズ関連リンク

  • 事前整理サービスのご案内
  • 相続相手 遺産相続のサムライ業ナビ e-sp.info
  • 天国へのお引越しのお手伝い キーパーズ 総合メインサイト
  • 全国対応の不動産サービス 遺品相続不動産売却ネット

相互リンク

当サイトのご案内

現実にある出来事は、遺品整理専門のキーパーズが運営するサイトです。遺品整理や遺言、遺産相続、孤立死、独居老人等、実際に起こった出来事を紹介しております。

お問合せはこちら

キーパーズ有限会社
東京都大田区大森本町2-4-22
TEL:03-5767-5222
代表者:吉田 太一

▲ HOME▲ ページの先頭へ戻る

遺品整理,孤独死,少子化,親家片,相続税,遺産相続,高齢化,ゴミ屋敷,遺言,自殺,遺品供養,独居老人,遺品,遺品処理,
離婚,夜逃げ,葬儀,僧侶,葬式,ゴミマンション,不動産神話,親の家を片づけるといった現実にある出来事
平和島,大森の貸会議室ならホームパックのセミナールーム
Copyright © 現実にある出来事. All rights reserved.