遺言書


大ピックアップ

遺言書は、公正証書遺言の方が安全で確実

 

遺言の種類

遺言にはいくつか種類がありますが一般的に目にするのは自筆自筆証書遺言と公正証書遺言の2つとなります。

 

自筆証書遺言

遺言を残そうとする者が自分で作成する遺言で有効な遺言として扱われるには次の用件を満たしていなければいけません。

遺言書の全文が遺言者の自筆で記述(代筆やワープロ打ちは不可)

日付と氏名の自署

押印してあること(実印でなくてもよい)

 

公正証書遺言

遺言内容を公証人に口頭で説明して公証人が証書を作成する方式。証人2名と手数料が必要となるが、作成する遺言の内容を公証人が事前に確認しているため、自筆証書遺言のように無効になったり、裁判所での検認手続きをしなくて良いなどの利点がある。

 

自筆証書遺言と公正証書遺言はどっちにするのがいいの?

自筆証書遺言と公正証書遺言に遺言の効力としての優劣はありませんが、検認が不要で速やかに遺言内容を実行できる点、無効になりにくい点、スムーズに実行できる点から公正証書遺言の方が安全で確実と言えます。何度も遺言を書き直す予定があるなどの特別な事情がないのでしたら証人の準備や手数料の負担はありますが公正証書で遺言を作成した方が後々の紛争予防にもなるでしょう。

 

日本公証人連合会の遺言検索システム

自筆証書遺言は遺品の中から自力で探さなくてはいけませんが、公正証書遺言を作成している場合は原本は公証人役場で保管をしています。ですので、遺言の有無を始め、あるはずの公正証書遺言がみつからない等といった場合は公証人役場の遺言検索システムを利用すれば照会を行うことが可能となっています。(※遺言者が亡くなった後にしか検索はできません)

 

 

 

 

参考・関連・オススメWebサイト

相続手続 遺産相続のサムライ業ナビ

相続手続き・遺産相続などでお困りの皆様へ、全国から最寄の専門士業を探せる無料サービスサイト「相続手続 遺産相続のサムライ業ナビ」

全国対応の不動産サービス ホームパック

遺産相続に伴う不動産売却は私たちにお任せください。ホームパックグループが全国で対応します。

おひとりさまでもだいじょうぶノート。

キーパーズオリジナルのエンディングノート、「おひとりさまでもだいじょうぶノート」です。おひとりさまでもだいじょうぶノートのお申し込みはこちらからお願い致します。

参考・関連・オススメ書籍

吉田太一の現実ブログ

キーパーズ関連リンク

  • 事前整理サービスのご案内
  • 相続相手 遺産相続のサムライ業ナビ e-sp.info
  • 天国へのお引越しのお手伝い キーパーズ 総合メインサイト
  • 全国対応の不動産サービス 遺品相続不動産売却ネット

相互リンク

当サイトのご案内

現実にある出来事は、遺品整理専門のキーパーズが運営するサイトです。遺品整理や遺言、遺産相続、孤立死、独居老人等、実際に起こった出来事を紹介しております。

お問合せはこちら

キーパーズ有限会社
東京都大田区大森本町2-4-22
TEL:03-5767-5222
代表者:吉田 太一

▲ HOME▲ ページの先頭へ戻る

遺品整理,孤独死,少子化,親家片,相続税,遺産相続,高齢化,ゴミ屋敷,遺言,自殺,遺品供養,独居老人,遺品,遺品処理,
離婚,夜逃げ,葬儀,僧侶,葬式,ゴミマンション,不動産神話,親の家を片づけるといった現実にある出来事
平和島,大森の貸会議室ならホームパックのセミナールーム
Copyright © 現実にある出来事. All rights reserved.